海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

ベトナム旅行

ブンタウ旅行は日帰りではもったいない理由3選【オススメプランも紹介】

2022-06-22

ブンタウ旅行は日帰りではもったいない理由3選【オススメプランも紹介】
  • ホーチミン旅行中に、ブンタウまで日帰りで行ける?
  • ブンタウはどんなプランで旅行するのがいい?

ブンタウはベトナムの熱海と呼ばれている、ホーチミンから約2時間で行けるリゾート地です。

私は普段ホーチミン在住ですが、今回ホーチミンからブンタウへ1泊2日で旅行へ行きました。

ブンタウは観光スポットもそこそこあり、美味しいシーフードもあり、ビーチもあるため、日帰りではもったいないと感じました。

この記事では、ブンタウ旅行が日帰りではもったいない理由を解説、ブンタウの1泊2日のオススメ旅行プランも紹介していきます。

この記事を読むと、1泊してブンタウ旅行に行きたくなりますよ!

 

ブンタウ旅行がホーチミンから日帰りではもったいない理由

ブンタウ旅行がホーチミンから日帰りではもったいない理由

ホーチミンから日帰りでのブンタウ旅行がもったいない理由はこんな感じ。

  • どんな交通手段を用いたとしても、ホーチミンからブンタウまで最低でも2時間はかかってしまうから。
  • 日差しが強く、体力を消耗しても休むところがないから。
  • 夜ご飯で食べる海鮮が美味しいから。

それぞれ解説していきます。

 

ホーチミンからブンタウの移動が最低でも2時間かかってしまう問題

ホーチミンとブンタウ間の距離は100km弱

バスだと、渋滞にはまってしまうと、余裕で2時間以上はかかってしまいます。

最速と言われている高速船でも約2時間

>> ホーチミンからブンタウへのフェリー(高速船)の乗り方は?

 

長時間移動は思った以上に疲れます。。。

ホーチミン発ブンタウ行きの乗船

1日で片道で2時間、往復で4時間の移動をするとシンプルに疲れるため、ブンタウへの日帰り旅行はオススメできません。

また、バス・フェリーともに便数が限られているため、ブンタウでの滞在時間が少なくなってしまいがちなのも問題です。

疲れている中、限られた時間で観光を楽しむというのは、体力が必要で思った以上に大変です。

 

ブンタウは日差しが強く、体力を消耗しても休むところがないから。

ブンタウはホーチミンとほぼ同じで、常夏の気候です。

日差しが強く、気温も高く、ずっと暑いです。

>> ベトナムの気候はどう?【ハノイ・ホーチミン・ダナン旅行】

 

1泊2日だとホテルで休憩できる!

暑いと、思いのほか体力を消耗してしまいます。

日差しが強く、体力を消耗しても休むところがないから。

私の場合、昼間かなり疲れたので、14時前にチェックインして2時間ほど昼寝ができました。

日帰り旅行だと冷房の効いたカフェで休憩はできても、昼寝はできません。

>> Aloha Hotel Vung Tau滞在記【ブンタウの3つ星ホテル】

 

ブンタウの夜ご飯で食べる海鮮が美味しい

ブンタウの夜ご飯で食べる海鮮が美味しい

港町であるブンタウで美味しいグルメと言えばシーフードです。

ホーチミンでも海鮮を食べることはできますが、そこまで新鮮でない上に値段が高いです。

せっかく交通費と時間をかけてブンタウへ行ったのであれば、夜ご飯で安くて美味しいシーフードを食べることをオススメします。

>> ブンタウのおすすめシーフードレストラン『Ốc Thiên Nhiên』の紹介!

 

ブンタウ旅行1泊2日旅行プランのアイデア

ブンタウ旅行1泊2日旅行計画のアイデア

ブンタウは1泊2日あれば十分に楽しむことができます。

1日目朝8時の高速船でブンタウに来て、2日目夕方16時の高速船でホーチミンへ帰るというプランです。

1泊2日でどうやってブンタウを楽しむべきか、参考にしていただければ幸いです。

 

ブンタウ旅行1日目

朝8時、ホーチミンからフェリーに乗ります。

朝10時、ブンタウに到着。

とりあえず早めのお昼に向かいます。有名店は時間帯によっては混みます。

ちなみに昼食はBánh khọtがオススメ。カリッと揚げられた、たこ焼きのような食べ物です。

昼食はBánh khọtがオススメ

朝が早かったのと、外が暑いので、この時点で結構疲れが溜まっています。

なので、ご飯を食べた後は、ホテルにチェックインして休憩がオススメです。

夕方はビーチへ。

バックビーチで泳ぐのも良いですし、フロントビーチ側で夕日を見るのもアリです。

私はフロントビーチ側で夕日を見ました。とってもキレイでした。

ブンタウ旅行がホーチミンから日帰りではもったいない理由

ブンタウの夜は何と言っても海鮮です。

オススメのお店は、Ốc Thiên Nhiênです。

メニューに英語が併記されているので、オーダーしやすいです。

料理は美味しいし、6皿頼んで約2,300円だった安さも魅力でした。

 

ブンタウ旅行2日目

2日目の朝は、ベトナムの有名な麺料理であるHủ tiếuを食べます。

Hủ tiếu

朝食後はバックビーチを楽しむも良し、大きなキリスト像やタウ寺に行って観光するも良しです。

ホテルチェックアウト後、昼食にシーフードを食べに行きます。

昼食にシーフード

その後更に行動したいところですが、いかんせん暑いので、カフェなどでまったり過ごすのもアリです。

15時半にはフェリー乗り場に着くようにします。

フェリーは16時にブンタウを出発し、18時過ぎにはホーチミンへ到着します。

 

【ブンタウ旅行は日帰りではもったいない理由3選】まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ブンタウ旅行が日帰りではもったいない理由を紹介しました。

ベトナムならではのお土産に最適なベトナム雑貨は別記事で紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

>> 【在住者厳選】ベトナムのおすすめ雑貨10選を紹介!

関連記事
【在住者厳選】ベトナムのおすすめ雑貨10選を紹介!
【在住者厳選】ベトナムのおすすめ雑貨10選を紹介!

続きを見る

 

私のYouTubeチャンネルでも、ブンタウ旅行記をアップロードしています。

こちらもぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-ベトナム旅行