海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

ベトナム旅行

ベトナムのコンセントの形状と電圧は?|変圧器は必要?

2022-08-14

ベトナムのコンセントの形状と電圧は?|旅行で変圧器は必要?
  • ベトナムで、日本のコンセントは使える?
  • 日本とベトナムで電圧が違うと、持って行った電化製品は使えない?
  • 変圧器は必要?

ベトナム渡航する準備の時、ベトナムで日本のコンセントが使えるのかどうか気になりますよね。

結論、ベトナムでは日本のコンセントは形状的には使えますが、電圧的には使えない電化製品があるので注意が必要です。

この記事では、ベトナムのコンセントの形状、電圧を紹介し、ベトナムで変圧器が必要なのかどうかも解説していきます。

この記事を読めば、ベトナムのコンセントや電圧について理解できるので、渡航する時に不要な荷物を減らすことができますよ!

 

ベトナムのコンセントの形状はA・C型で、日本のコンセントも使える

ベトナムのコンセントの形状はC型で、日本のものも使える

ベトナムのコンセントの形状はA・C型と呼ばれています。

日本と同じコンセント(A型)+丸い形状のコンセント(C型)の両方を挿せる形状になっています。

なので、日本から持ってきたコンセントも普通に挿すことができます

 

日本のコンセントをそのまま挿せるので、プラグ形状の変換アダプターは不要

プラグの形状の変換器は必要?

日本のコンセントをそのまま使えるので、プラグ形状の変換器は不要です。

私は2021年よりベトナム在住していますが、コンセントの形状で困ったことはありません。

 

ベトナムの電圧は220Vなので、注意が必要

ベトナムの電圧は220Vなので、注意が必要

プラグの形状は日本と共通ですが、電圧は大きく異なるので注意が必要です。

  • ベトナムの電圧:220V
  • 日本の電圧:100V

日本から持ってきた電圧が220Vに対応していない機器を、ベトナムのコンセントに挿すだけで壊れることがあります。

物によっては、壊れると同時に煙が出たりするので危険です。

 

特にドライヤーは持ってこない方が良い

ドライヤーは電圧の影響を受けやすい物の代表格です。

100V対応の日本のドライヤーは、ベトナムでは使えません。

 

旅行者は旅行中はホテルのドライヤーで我慢

最近のドライヤーは性能が良いので、ベトナムにも持って行きたい気持ちはよく分かります。

ただ、旅行の間はホテル備え付けのドライヤーで我慢してください。

本当に日本で買った高いドライヤーが壊れてしまいます。

 

移住者はドライヤーはベトナムで買う

ベトナムに長期滞在される方は、ドライヤーはベトナムで買いましょう。

ベトナムで買ったドライヤーは、当然ベトナムで使えるように設計されているので一番安心です。

 

パソコンやスマホの充電には、変圧器は基本的に不要

じゃあ、パソコンやスマホはどうなの?

こう思われる方もいらっしゃると思いますが、パソコンやスマホの充電に関しては、日本から持ってきた充電器で問題ありません

パソコンやスマホの充電器は、『100V~240V』の電圧に対応していることがほとんどです。

コンセントの形状も日本のものがそのまま使えるので、使用感としては日本と全く同じです。

 

延長コードはベトナムで買った方が良い

私が盲点だったのが、延長コードです。

特に長期滞在する方は、日本で延長コードを購入してから持って来ることを考えられている方もいると思います。

経験上、延長コードは日本から持って行かずにベトナムで買った方が良いです。

 

延長コードについている機能が足を引っ張る可能性がある

というのも、日本で買って行った延長コードが、ベトナムでコンセントに挿した瞬間に壊れて、なおかつ部屋のブレーカーが全部落ちるという事象が発生したからです。

第一種電気工事士をもっている父曰く、おそらく雷サージなどの高性能な機能が、逆に電圧の違いで悪さをしたのでは?という見解でした。

こういう事態を避けるためにも、延長コードはベトナムで買った方が無難です。

 

ベトナムで買う家電はC型プラグの場合が多い

他にも延長コードはベトナムで買うべき理由があり、それはベトナムで買う家電はC型プラグの場合が多いことです。

長期滞在される方は、ベトナムで家電を買うことがあると思いますが、それらのコンセントの形状はC型が多いです。

ベトナムの延長コードはA・C型両方対応、日本の延長コードはA型プラグのみ対応なので、ベトナムで延長コードを買った方が使いやすいです。

値段は1,000円~1,500円くらいで買えますよ!

 

ベトナムへ変圧器をわざわざ持って来る必要はない

ベトナムに来る時、変圧器は必要?

結論、ベトナムへ変圧器を持って来る必要はありません。

理由はこんな感じで、変圧器は不要です。

  • 大体の賃貸では家電が備え付けなので、変圧器は不要。
  • わざわざ変圧器を使うくらいなら、ベトナムで家電を買った方が楽。
  • そもそも変圧器は荷物になる。

 

大体の賃貸では家電が備え付けなので、変圧器は不要。

ベトナムの賃貸では、家電が備え付けのことがほとんどです。

当然、備え付けの家電はベトナムに対応したコンセントが付いているので、変圧器は不要です。

≫ ホーチミンで賃貸を探す時のおすすめサイト3選【2022年最新】

 

わざわざ変圧器を使うくらいなら、ベトナムで家電を買った方が楽。

仮に日本の家電を持って行ったとして、その家電を利用する時は常に変圧器が必要になります。

長期滞在者であれば特に、わざわざ日本から家電+変圧器を持って行って使うくらいであれば、ベトナムで家電を買ってそのまま使った方が絶対に楽です。

 

そもそも変圧器は荷物になる。

そもそも、移住する時に最初は持って行くべきものがたくさんある中で、変圧器は荷物でしかないです。

パソコンやスマホは普通に日本のコンセントそのままで充電できるし、他の家電はベトナムでも買えるので、変圧器は不要です。

不要なものは持って行かずに、必要なものを持って行った方が絶対に良いですよね!

 

【ベトナムのコンセントの形状と電圧は?】まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ベトナムのコンセントの形状と電圧、そしてベトナムに来る時は変圧器が不要であることを解説しました。

ベトナムのコンセントに関するまとめ

  • ベトナムでは、日本のコンセントも使える
  • ベトナムと日本の電圧は異なる。特にドライヤーは注意。
  • ベトナム移住や旅行に変圧器は不要

電圧にさえ気を付ければ、ベトナムのコンセントは特に注意点はありません。

ベトナムに来られる際は、ぜひ参考にしてくださいね!

≫ ベトナムの治安ってどうなの?注意点を在住者が詳しく解説

あわせて読みたい
ベトナムの治安ってどうなの?注意点を在住者が詳しく解説
ベトナムの治安ってどうなの?注意点を在住者が詳しく解説

ベトナムってテロなどの危険性はあるの? ベトナムは日本より危ない? ベトナム移住を考えているが、実際に住んでみて治安はどう? この記事では、在住者視点でのリアルなベトナムの治安について紹介します。 私 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-ベトナム旅行