海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

ベトナム旅行

ダナン旅行の服装は?デング熱予防や雨季の注意点も紹介!

2022-07-22

ダナン旅行の服装は?デング熱予防や雨季の注意点も紹介!
  • ダナン旅行の時の服装は何を持って行けばいい?
  • ダナンの気候はどんな感じ?
  • ダナン旅行に持って行く服装で注意点はある?

ベトナム中部に位置するリゾート地・ダナンの気候は暖かく、季節は乾季(2月から8月)と雨季(9月から1月)の2種類です。

>> ベトナムの気候はどう?【ハノイ・ホーチミン・ダナン旅行】

 

ダナンは一年を通して、基本的には半袖半パンで過ごすことができます。

注意点として雨季には激しいスコールが降ったり、デング熱などの感染症対策をしなくてはなりませんが、どちらともある程度は服装で対策することが可能です。

この記事では、ダナンの気候と照らし合わせながら、ダナン観光の際の服装を紹介していきます。

この記事を読めば、ダナン旅行に持って行く服装がバッチリ決まりますよ!

 

【ダナン】乾季に旅行に来た際の服装は?

【ダナン】乾季に旅行に来た際の服装は?ダナンの乾季は2月から8月です。

ダナンの乾季はとにかく暑いです。

乾季は基本的に雨が少ないので、ダナン旅行には最適なシーズンです。

これらを踏まえたダナンの乾季の服装はこちら。

  • 半袖半パン
  • 薄手の上着
  • 帽子
  • 日焼け止め対策
  • 虫よけスプレー

 

ダナンの乾季の服装は帽子+半袖半パンが基本だが、一枚羽織るものがあると良い

ダナンの乾季に観光される場合は、日本の夏に着る服装で問題ありません。

特に日中に外で観光する場合は、長袖長ズボンでは暑く感じるので、半袖半パンを強くオススメします。

また日差しが強いため、キャップやハットなど帽子が必須です。

ただし、ショッピングモールやカフェなどの室内に入るとクーラーで寒いことが多いため、一枚羽織るものは持ってきておいた方が良いです。

 

強い日差し対策で日焼け止めは必須

ダナンの日差しはかなり強いです。

現地のベトナム人女性は、バイクを運転する時に長袖などの布で完全に肌を覆って対策しています。

ただ、さすがにそれでは暑すぎるので半袖半パンを着ることになると思いますが、その場合は日焼け止めで対策しておくことを強くオススメします。

ダナンの乾季はビーチがキレイで外に出ることも多いので、日焼け対策は必須です!

 

デング熱対策で虫よけスプレーは必須

ダナンでは、ホーチミンほどではないものの、デング熱への注意喚起を聞くことがあります。

デング熱は、一度発症すると入院しなければならないほどの重篤な病気ですので、しっかり対策しておくべきです。

対策はシンプルで、とにかく蚊に刺されないように心がけることです。

外出する前や外出後も入念に虫よけスプレーを振りかけておくか、心配であれば長袖長ズボンを着ておきましょう。

>> 【日本発】ダナン旅行の費用はどれくらい?【3泊4日】

 

【ダナン】雨季に旅行に来た際の服装は?

【ダナン】雨季に旅行に来た際の服装は?ダナンの雨季は9月から1月です。

ダナンの雨季は多少涼しくなりますが、激しいスコールが降るのと台風が特徴的で、特に10月と11月は台風に注意が必要です。

ダナンの雨はいつ降るか予測できず、しかも降るとかなり激しいスコールになりがちです。

9月から1月のダナンの旅行代金が安くなるのは、こういった理由でオフシーズンとなるからですね。

これらを踏まえたダナンの雨季の服装はこちら。

  • 半袖半パン
  • 薄手の上着
  • 帽子
  • 軽量な折りたたみ傘
  • 耐水の靴もしくはサンダル
  • 日焼け止め対策
  • 虫よけスプレー

 

ダナンの雨季の服装は帽子+半袖半パン+サンダル+雨具が基本

ダナンの雨季は、乾季より少し寒くなり、特に12月と1月は寒くなります。

なので、基本的には乾季と同じ格好(帽子と半袖半パン)で大丈夫ですが、加えて1枚羽織るものがあればベターです。

 

雨季はスコール対策が重要!

ダナンの雨季は、雨季とはいえ常に雨が降っているわけではなく、昼間は晴れていて夕方にスコールが来るみたいな感じです。

突然のスコール対策で、靴には気を付けておいた方が良いです。

普通のスニーカーを履いて街を歩いている時に大雨に遭遇すると、靴の中がビショビショに濡れてしまい、不快な思いをします。

そのため、ホテルを出る時からサンダルで行動するか、日本から耐水の靴を持っていって、あらかじめスコール対策をしておくことをオススメします。

あとは、軽量の折りたたみ傘があれば問題ありません!

 

強い日差し対策で日焼け止めは必須

雨季の時期とはいえ、ダナンの日差しはかなり強いです。

泳がないにしてもビーチは一度は観光するはずなので、対策しないで1日外を歩いていると、肌が真っ黒に日焼けしてしまいます。

特にサンダルを履いて外を歩く場合は跡になりますので、日焼け止め対策しておくことを強くオススメします。

 

デング熱対策で虫よけスプレーは必須

乾季と同様にデング熱の脅威があるため、蚊に刺されないようにしっかり対策しておくべきです。

ホテルから外出する前に虫よけスプレーをしっかり振りかけておくか、どうしても不安な方は長袖長ズボンを着て観光することをオススメします。

 

【ダナン旅行の服装】まとめ

ダナンの雨のドラゴンブリッジいかがでしたでしょうか?

今回は、ダナン旅行の服装について紹介しました。

ダナンは外を散策するのが楽しい街です。

日差し対策やスコール対策に注意しながら、服装を準備してくださいね!

>> ダナンとホイアン旅行の持ち物リスト【在住者が本当に必要な物のみ紹介】

関連記事
ダナンとホイアン旅行の持ち物リスト【在住者が本当に必要な物のみ紹介】
ベトナム旅行の持ち物リスト【在住者が本当に必要な物のみ紹介】

続きを見る

  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-ベトナム旅行