海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

海外移住

海外移住者が契約するべきSIMランキング【日本の携帯番号をコスパ良く維持】

2022-08-17

海外移住者が契約するべきSIMランキング【日本の携帯番号をコスパ良く維持】

海外移住用SIMの比較表はこちら

 

海外移住者が日本の携帯番号をキープするためには、日本のSIMの契約を維持し続けないといけません。

SIMの契約維持で言うと、2022年7月まで楽天モバイルが0円で携帯番号をキープできる最強SIMでした。

その楽天モバイルが無料プラン廃止を発表したため、現在は番号キープするためにはお金を払うことが必須となりました。

無料で番号をキープするのは本来無理なことので、楽天モバイルには感謝です。

 

そこでこの記事では、現状日本の携帯番号をキープするのに最適なSIMを3社徹底比較しました。

結論、海外移住後も日本の携帯番号をキープしたい方には変わらず楽天モバイルをおすすめします。

≫ ベトナム移住で日本の携帯番号を維持するには『楽天モバイル』一択な理由を解説! 

 

私は変わらず楽天モバイルを愛用しています!

 

そもそも日本の携帯番号をキープしておく必要はある?

そもそも日本の携帯番号をキープしておく必要はある?

私は一度日本の携帯番号を完全に解約してから海外に渡航して、1年間過ごしたことがあります。

その結果、日本の携帯番号がないと不便だなと感じました。

  • 日本のサービス利用時に意外と日本の番号とSMS認証が必要なことが多い
  • 帰国した時にスムーズに利用できる

 

日本の携帯番号があると便利なことが多い

日本の携帯番号があると便利なことが多い

日本のサービスにログインする時、二段階認証でSMS認証を設定している場合、SMSが受信できないとログインできないことがあります。

このせいで日本のAmazonに一時期ログインできず、日本の番号をキープしておこうと決めました。

 

一時帰国時にいちいちプリペイドSIMを買わなくてよくなるのも、地味ですが便利です。

飛行機から降りて、そのまま外に出られるので一時帰国の限られた時間を楽しめます。

 

海外移住で日本の携帯番号をキープするのにおすすめなSIMの比較表

SIM名 楽天モバイル povo 2.0 ahamo
対象プラン Rakuten UN-LIMIT VII smash.使い放題パック(24時間)※トッピング ahamo 
初期費用 / 月額料金 0円 / 1,078円 0円 / 220円(半年に1回) 0円 / 2,970円
支払い方法 クレジットカード・口座振替・楽天ポイント クレジットカード クレジットカード・口座振替
eSIM対応 対応 対応 対応
乗り換え時手数料 0円 0円 0円
追加料金なしでの海外4G利用可能国数 66か国 海外ローミング不可 82か国
日本への通話料 アプリ利用で無料 × 可能 / 別途料金
SMS受信 無料 × 無料
おすすめ対象者 渡航先でも4Gを使いたい方 格安で日本の携帯番号をキープしたい方  移住初期の方だけたくさんネットを使いたい方
特徴 迷ったらコレ!日本の携帯番号をキープできて、かつ海外の渡航先でもネットを使える万能SIM! 年間440円で日本の番号をキープできる安さが魅力。 料金は高めの設定だが、渡航後15日間だけ渡航先の4G回線を20GB使えるのが魅力。
公式サイト 楽天モバイルの詳細 povo 2.0の詳細 ahamoの詳細 

 

失敗しない海外移住用SIMの選び方

sim-ranking-keep-japanese-phonenumber

海外移住用SIMを選ぶポイントは以下の3つ。

  • 月額費用が安いかどうか
  • 渡航先で4G回線が使えるかどうか
  • 渡航先でSMSを受信できるかどうか

 

月額費用が安いかどうか

月額費用が安いかどうか

海外移住者は、海外において日本のSIMで電話をしたり、ネットを使ったりしません。

一般的には渡航先の現地SIMを購入して、スマホを使います。

日本のSIMは、日本の携帯電話番号をキープするのが目的になるので、なるべく安いことが第一条件です。

この点、昔の楽天モバイルはタダでキープできたので神でしたね。

 

渡航先で4G回線が使えるかどうか

渡航先で4G回線が使えるかどうか

日本のSIMの中には番号キープだけではなく、海外でも追加料金なしで現地の4G回線が使えるという付加価値をつけているものもあります。

渡航先の物価によっては、日本のSIMでスマホの4G回線はまかなって、電話は会社支給で済ませると劇的に安くなる場合もあります。

私は物価の安いベトナムですが、現地SIMのギガは最低限。ほぼ楽天モバイルで4Gをまかなって節約しています。

 

渡航先でSMSを受信できるかどうか

渡航先でSMSを受信できるかどうか

日本のサービスのログイン時や登録時、「SMS受信」が必要なケースは意外と多いです。

日本のSIMには、海外で日本からのSMS受信はタダのものもあります。

海外から日本のサービスをよく使う方は、0円でSMS受信できるSIMを選ぶべきです。

私は日本のWebサービスを試すことが多いので、SMS受信が無料のSIMを選んでいます。

 

おすすめ海外移住用SIMランキング

楽天モバイル

0円は卒業でも、依然として機能性が抜群のおすすめ海外向けSIM!

初期費用0円 / 月額1,078円

日本の携帯番号をキープするだけにお金を払いたくない方には、楽天モバイルをオススメします。海外66か国で現地4G回線を使える恩恵は、海外移住者にとって思った以上に大きいです。私は無料提供期間が終わってもずっと使い続けます。

利用料金 最安値ではないものの、月額1,000円ちょっとです。付加価値を考慮するとコスパ抜群です。
eSIM対応 eSIM対応なので、デュアルSIM対応機種であれば「楽天モバイル+現地SIM」で運用することが可能です。
海外での現地4G回線利用 海外66か国で2GBまで追加料金なしで現地4G回線を使えます。移住先で使えるのはもちろんのこと、移住先から海外旅行に行く時も旅行先の国のSIMをわざわざ買わなくて済みます。この付加価値がある限り最強です。
日本からのSMS受信 日本のWebサービスに登録する時、SMS認証の確認コードをタダで受信することができます。頻度は多くないですが、地味に助かります。
こんな人にオススメ! ただ日本の番号キープのためだけにお金を払いたくない方。安価かつ海外で4G回線を使えて、無料でSMSを受信できるのは日本で楽天モバイルだけです。

現状最安値!キープだけなら最強SIM

初期費用0円 / 月額37円(年2回220円のトッピング代を月割)

日本の携帯番号をキープするだけで良いから、とにかく安く済ませたい方向けです。海外ローミングに今のところ対応していないので、本当に番号キープのみですが、月額37円でキープできるのははっきり言って価格破壊です。

利用料金 海外移住者用SIMで最安値。基本料金は0円ですが、180日間トッピングを購入しないと番号がはく奪されるため、180日に1度最安値のトッピングを購入して番号をキープするという仕組みです。最安値のトッピングが220円なので、年間440円で番号キープ可能
eSIM対応 eSIM対応。povoは海外では利用できませんが、e-SIMのおかげでSIMを取り外さないで現地SIMを使えるのは便利です。
海外での現地4G回線利用 海外ローミングは対応していません。
日本からのSMS受信 海外で日本からのSMS受信はできません。
こんな人にオススメ! 日本の携帯番号を最安値でキープしたい方向け。日本のSMS受信は日本の知り合いを通してできて、現地のネットは不要という方はpovoで十分です。

ahamo

安心のdocomo回線で15日間のみ追加料金なしで20GB使える!

初期費用0円 / 月額2,970円

今までドコモを使っていて、どうしてもドコモ回線を選びたい方。最初の15日間だけですが、追加料金なしで海外82か国の現地4G回線を20GBまで使えます。15日という制限はあるものの、移住初期でバタバタしているところにネット回線だけでもつながっている安心感は大きいです。

利用料金 月額2,970円と高めですが、ギガも多いです。
eSIM対応 eSIM対応。デュアルSIM対応機種であれば、SIMの差し替えなしで現地のSIMも運用することができて楽です。
海外での現地4G回線利用 海外82か国で20GBまで追加料金なしで現地4G回線を使えます。ただし、15日限定のため注意が必要です。移住当初にネット回線を確保したい時、20GBと容量も多いので便利です。
日本からのSMS受信 SMS認証の確認コードを無料で受信することができます。これは地味に助かります。
こんな人にオススメ! 料金が少し高くても、一時帰国を見据えてドコモ回線で番号をキープしておきたい方向け。15日間限定ですが、20GBもの大容量を現地4G回線で利用できたり、SMS認証をタダで受信できるのも便利です。

 

私のイチオシが楽天モバイルである理由

イチオシの海外移住者用SIMは楽天モバイルです。

ベトナムで楽天モバイルを使うとVinaPhoneの4G回線を使う

私は実際にベトナムで使っており、副回線に設定している「VinaPhone」がベトナムにおける楽天モバイルの4G回線です。

 

楽天モバイルと現地のSIMをダブル利用で高コスパを実現!

楽天モバイルと現地のSIMをダブル利用で高コスパを実現!

楽天モバイルと現地のSIMを組み合わせることで、月々の携帯代を節約することができます。

やり方は簡単。

  • 楽天モバイルを契約。
  • デュアルSIMスマホを用意する。
  • 現地のSIMを最低限のギガ数で契約。

注意点①:楽天モバイルか現地、どちらかのSIMはeSIMにする。
注意点②:移住先が、追加料金なしで海外ローミングできる66か国に入っているかどうかを確認する。

楽天モバイルは、毎月2GBまで追加料金なしで現地の4G回線が使えます。

これにより現地SIMのギガが必要なくなって月額料金を最小限に抑えられるので、トータルで月々の携帯代が抑えられるという仕組みです。

もし現地で電話をかけないと割り切るのであれば、現地のSIMは不要なくらいです。

 

特に物価の高い国で有効

この節約方法は、携帯代が1,000円以上かかる国に行くのであれば特に有効です。

楽天モバイルだけで現地の4G回線をまかなえるのであれば、それだけで節約になります。

 

ベトナムで払っている携帯代は月々150円だけ

私がベトナムで払っている携帯代は月々150円のみです。

ベトナムはプリペイド型が主流で、10日間1GBで50円のプランを月に3回チャージして150円です。

他にももっと高いプランはありますが、万が一ギガがなくなっても、サブで楽天モバイルが使えるのでこれで十分です。

 

ベトナムからタイに旅行に行った時も現地のSIMを買わなくていい

先日、ベトナムからタイに旅行へ行きました。

海外旅行する時は、現地でSIMを買うというのが今までの常識でしたが、楽天モバイルだったら買わなくて済みます。

物価安めのタイでも旅行用の短期のSIMを買うと1,000円くらいするので、「これだけで楽天モバイルの月額分回収できたな」と優越感に浸れました(笑)

 

だからイチオシは楽天モバイル!

楽天モバイルは月々1,078円かかるものの、現地でのネット利用やSMSの無料受信など、海外で使い勝手が良くてコスパ最強です。

私は楽天モバイルにして本当に良かったと思っています!

楽天モバイル

0円は卒業でも、依然として機能性が抜群のおすすめ海外向けSIM!

初期費用0円 / 月額1,078円

日本の携帯番号をキープするだけにお金を払いたくない方には、楽天モバイルをオススメします。海外66か国で現地4G回線を使える恩恵は、海外移住者にとって思った以上に大きいです。私は無料提供期間が終わってもずっと使い続けます。

利用料金 最安値ではないものの、月額1,000円ちょっとです。付加価値を考慮するとコスパ抜群です。
eSIM対応 eSIM対応なので、デュアルSIM対応機種であれば「楽天モバイル+現地SIM」で運用することが可能です。
海外での現地4G回線利用 海外66か国で2GBまで追加料金なしで現地4G回線を使えます。移住先で使えるのはもちろんのこと、移住先から海外旅行に行く時も旅行先の国のSIMをわざわざ買わなくて済みます。この付加価値がある限り最強です。
日本からのSMS受信 日本のWebサービスに登録する時、SMS認証の確認コードをタダで受信することができます。頻度は多くないですが、地味に助かります。
こんな人にオススメ! ただ日本の番号キープのためだけにお金を払いたくない方。安価かつ海外で4G回線を使えて、無料でSMSを受信できるのは日本で楽天モバイルだけです。
  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-海外移住