海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

海外移住VPN情報

海外からFODプレミアムを見る方法|返金保証期間中であれば無料で

2022-08-30

海外からFODプレミアムを見る方法を解説|裏技も合わせて紹介
  • 海外からFODを見れない。どうすればいい?
  • お金が少しかかってもいいから、海外からFODでどうしても見たい番組がある!
  • 少しの間しか見る予定がないけど、無料で見れる方法はない?

FODに海外からアクセスすると、このように見ることができません

FODは海外から見ることができない

これは、FODがどこからアクセスされているかを自動で判別していて、このように対応しているからです。

  • 日本からのアクセス→視聴できる
  • 海外からのアクセス→視聴拒否
じゃあ海外にいたら、このまま一生FODを見れないの?

安心してください。海外からのアクセスを日本からのアクセスに見せかける技術(VPN)を使うことで見れるようになります。

この記事では、VPNを利用して、海外からFODを視聴する方法を詳しく解説していきます。

また安全でコスパの良い有料VPNの選び方、そして合法的にタダで有料VPNを使う方法VPNを使った裏技的な節約方法まで紹介していきます。

この記事を読めば、コスパ良く優良なVPNを利用できて、海外から快適にFODを見れるようになりますよ!

 

なぜVPNを使うと海外からFODを見れるのか?

海外でFODを見る方法はたった一つ。VPNを使うことです。

ここでは、海外からFODを見れない理由、VPNを使うとなぜFODを見れるようになるのかを分かりやすく解説していきます。

 

FODはIPアドレスで海外アクセスを拒否しているので見れない

海外からFODを見れない理由

FODは『ユーザーが現在アクセスしている場所』を、IPアドレスによって自動判別しています。

IPアドレスとは

インターネット上の住所のようなもの。IPアドレスが分かれば、どの国からアクセスしているか分かる。

判別の結果、日本からのアクセスだったらFOD視聴を許可し、海外からのアクセスだったら視聴を拒否するような仕組みになっています。

 

VPNで「日本からのアクセスに見せかける」ことで、海外からFODを見れるようになる

そこでVPNの出番です。

VPNは、アクセス元の国を自由自在に変更できる特徴を持っていて、当然アクセス元の国を日本に変更することも簡単にできます。

 

VPNがアクセス元の国を自由自在に変更できる理由

NordVPNは世界中にサーバーを置いている

画像引用:NordVPN公式サイト

VPN事業者は世界中にサーバーを置いているので、VPNの利用者はその中から好きな国を選んで、自由自在にアクセス元の国を変更することができます。

例えばNordVPNは、59か国にサーバーがあります!

 

VPNで日本からのアクセスに見せかけて、海外からFODを見る!

海外からFODを見るには、VPNを起動して『日本』のサーバーを選択するだけです。

FODは『日本からのアクセスのみ許可』しているので、これで海外からでも無事FODを見れるようになります!

後ほどNordVPNを例に、詳しいやり方を解説します!

 

アクセス元の国を自分で確認する方法

アクセス元の国の確認手順

  1. IPアドレスを確認
  2. IPアドレスから住所確認

この2つの手順で、簡単にアクセスの元の国を確認できます。

VPNを通さないとアクセス元はVPN

何もしないと、ベトナム在住の私のアクセス元の国は『ベトナム』。

VPN利用後はアクセス元の国が日本に変更される。

VPNで「日本」を選択すると、アクセス元の国が『日本』に変わる。

 

VPNってよく分からないけど本当に安全?

VPNを使うとFODが見れる理屈は分かった。でもVPNって本当に安全なの?

VPNは実物が見えない『サービス』なので、不安になる気持ちはよく分かります。

結論、適切なVPNを選ぶことができれば、VPNを利用することでむしろもっと安全になります。

事実、テレワーク中でセキュリティ向上が必須になってきた今、VPNを導入する企業はかなり増えてきています。

≫ 【参考リンク】在宅勤務の友、VPNの利用率がまさかの7割超え!?

 

ここではVPNが安全と言い切れる理由と、無料VPNは危険な理由について解説していきます。

 

VPNはそもそもネット利用時の『安全性を高めるため』のサービスだから安心!

VPNはネットの安全性を高めるためのもの

画像引用:NordVPN公式サイト

VPNは、元来ネット利用時の安全性を高めるために使われるサービスです。

VPNはどうやってネット利用時の安全性を高めているの?
  • 通信自体をトンネルで覆うことで、外部から通信内容を見られないようにする。(トンネリング)
  • 通信内容自体が暗号化されている。(暗号化通信)
  • 利用者の通信内容を取得しない、第三者に渡さないことを約束する。(ノーログポリシー)

トンネリングは、ハッカーや政府による検閲など、あらゆる外部からの干渉を防ぐことができます。

暗号化通信に関しては、アメリカの国家機関が利用するレベルの高い暗号化技術で、解読するには数百兆年必要とされ、まず解読されることはありません。

ノーログポリシーに関しては、たとえ警察から捜査のために利用者の個人情報を渡せと言われても、VPNの運営会社は断固渡しません。

そもそもデータを取得しないので、渡しようがないとも言えます。

このように匿名性を守るために多重のロックをかけているから『安全』と言い切れるわけです!

 

すべてのVPNにこのレベルの安全性があるわけではないので注意

ただし、すべてのVPNにこのレベルのセキュリティが備わっているわけではないので、注意が必要です。

なので、適切なVPNを選ぶことが重要になってくるわけです。

VPNを選ぶ時は料金や速度も大事だけど、まず安全第一!

 

無料のVPNは安全ではないので使わないようにする

VPNを使いたいけどお金はかけたくない!無料のVPNはどうなの?

こう思うかもしれませんが、無料のVPNは使ってはいけません。

無料のVPNは、安全性を誰も保証していないからです。

 

有料VPNは「有料」である理由がある!

有料VPNは顧客の信頼を得るために多額の投資をしている!

  • 国家機密を扱えるレベルで匿名性の高い暗号化通信を開発・導入。
  • ノーログポリシー(個人情報を取得しない、第三者に渡さない、共有しない)を顧客に約束。
  • 有名コンサルティングファームの監査を入れることで、暗号化やノーログポリシーが順守されているかを第三者の目で確認・証明。

このように、有料VPNは利用者から料金をもらう対価として、多額の投資をして顧客の信頼を得る努力をしています。

 

無料VPNが安全である保証はどこにもない

一方で、無料のVPNは利用者から一切料金をもらいません。

ということは、資金面の問題で有料VPNのようなセキュリティ強化への大規模な投資は絶対にできません

それに加えて無料ということは「利用者と何も契約を結んでいない」ということになり、VPN側に顧客の信頼を得る義理はありません。

なので「個人情報を第三者に売らない」という約束は一切されません

そもそも無料VPNであっても運営費用は少なからず必要ですが、一体何を資金源にして運営されているのでしょうか?

無料VPNを利用する場合は、自分の個人情報が売られるかもしれないリスクを承知で使いましょう。

 

有料VPNの月額料金は「安全を買っている」と思えば安いもの

有料VPNでも、NordVPNであれば月額500円ほどです。

月額500円で「安全を買える」と思えば、安いものです!

 

海外からFODを視聴するのにオススメのVPNは『NordVPN』

海外からFODを視聴するのにオススメのVPNは、NordVPNです。

現在有料VPNは国内産・海外産含めてたくさんありますが、その中でなぜNordVPNがおすすめなのかを解説していきます。

NordVPN

NordVPNは総合力No.1

  • 高速(著名テック系サイト評価)
  • リーズナブルな価格(月3.99ドル~
  • 軍事レベルの暗号化技術
  • 同時接続が6台まで可能
  • PwCの監査で安全性証明

30日の返金保証期間で、もし気に入らなければ簡単返品!

 

NordVPNは『ザ・王道』

NordVPNは世界ナンバーワンの規模を誇り、王道のVPNです。

どのVPN企業も売上高は非公開で、シンプルに売上高のみで比較をすることはできません。

ただ、インターネットで検索された回数やSNSのフォロワー数、アプリのダウンロード数などから導き出した結果、NordVPNが世界で一番規模が大きいVPNであることが外国の研究で分かっています。

≫ TOP10VPNの中でどのVPNが一番マーケットシェアを獲得しているのか?(原文英語)

 

NordVPNはいわば『VPN界のトヨタ』

NordVPNは、圧倒的な規模感を生かした『業界随一の安全性・快適で安定的な速度・安価な料金』が魅力です。

多くの利用者に支持されているということは、安全性はもちろん、機能面や価格面などすべての面で信頼されている何よりの証拠です。

車を買う時で例えるならば、「トヨタ」か「名前の知られていないメーカー」で選ぶなら、断然信頼できる『トヨタ』を選びますよね。

NordVPNを選ぶということは、それと同じことです。

NordVPNは、自動車業界で例えるとトヨタ!

 

競合となるVPNは特徴が尖っているのが魅力

当然、NordVPNと競合するVPNもあり、ExpressVPNやSurfsharkがそれにあたります。

これらの競合VPNはそれぞれ独自の特徴を持っていて、他社と差別化しながら日々競い合っています。

  • ExpressVPNは自社開発した新しい通信方式を使っていて速度に魅力あり。ただし、月額料金はNordVPNのほぼ2倍。
  • Surfsharkは最安値の料金と無制限のデバイス同時接続数が魅力。ただし、ノーログポリシーの信頼性は少し不安。

個人での利用者に必要なのは「機能面のバランスの良さ」なので、バランスが良くて安価なNordVPNをおすすめします。

とはいえ、トヨタ・ホンダ・日産どれを買っても信頼性や安全性はあまり変わらないのと同じで、この3つのVPNの中であればどれを選んでも問題ありません。

全て30日間の返金保証期間がついているので、期限内に返金依頼をすればお金は一切かかりません

とりあえず全て試してみて、自分に合ったものを選ぶのも一つの手です!
ExpressVPN NordVPN Surfshark
月額料金 8.32ドル(1,109円)~ 3.99ドル(540円)~ 2.49ドル(337円)~
サーバー国数 94 59 65
サーバー数 3,000以上 5,525 3,200以上
速度評価
安全性評価
口コミ評価 ExpressVPNの口コミ NordVPNの口コミ Surfsharkの口コミ

 

海外からFODを視聴する手順を詳しく解説【画像あり】

ここからは、海外からFODを視聴する手順をNordVPNを例に詳しく解説していきます。

 

step
1
NordVPNを購入

NordVPNの価格表

NordVPN公式サイトで『スタンダードプラン』を購入します。

一緒に並んでいる『プラスプラン』や『コンプリートプラン』は、『スタンダードプラン』の上位プランにあたります。

上位プランはクラウドストレージがついていたり、セキュリティを更に強化する機能において優位性があります。

個人利用で動画を見るのが主な目的であれば、スタンダードプランで十分

 

期間はそれぞれの希望する利用期間によりますが、期間が長ければ長いほど安くなり、2年プランが一番月額が安くなります(3.99ドル)

また、30日間の返金保証期間があるので、とりあえず自分の環境でFODを見れるかどうかを試すことができます。

万が一FODを見れない場合はチャットで日本語で問い合わせるだけで簡単に返金してもらえるので、安心して申し込むことができますよ!

返金保証期間内でNordVPNをお得にお試しする方法を解説した記事はこちら。

≫ 【NordVPN】無料期間内の解約方法を解説【簡単にお試しできる!】

 

step
2
NordVPNのアカウント登録

購入完了後は、アカウントの登録を行います。

指示に従って、パスワードを設定後、メールアドレス認証を行います。

5分程度で終わります。

 

step
3
NordVPNにログイン

購入に使用したメールアドレスと、先ほど設定したパスワードで、NordVPNにログインします。

ログインが完了したら、アプリをダウンロードする画面になります。

FODを見たいデバイスで、NordVPNアプリをダウンロードしましょう。

 

step
4
NordVPNのアプリで「Japan」を選択する

NordVPNにログインしてからアプリを開くと、このような画面が表示されます。

この状態で、左の検索バーに「Japan」と打って検索するか、国名が並んでいるところから「Japan」を探してクリックします。

すると、自動的に日本のサーバーへ接続されます。

下のボックスで【接続済み】に変わったら、接続が完了したという意味です!

これで、FODを視聴する準備が整いました!

 

step
5
FODを見る

この状態でFODへアクセスすると、海外から日本で見るのと同じように視聴できるようになります!

VPNで日本にサーバーを設定することで、FODを見れるようになった

心ゆくまでFODのコンテンツをお楽しみください!

 

VPNは実は付加価値が高いサービス

でも、FODを見るためだけにVPNを契約するのはもったいないって思っちゃう。

安心してください!

VPNを使うと、海外からFODを見れるようになるだけでなく、他にもいろんなことができるようになります。

VPNでできること

  • 海外から日本限定のサービスを使える。(FODなどの視聴)
  • 日本から海外限定のサービスを使える。
  • 街中の無料Wifiを安全に使える。
  • YouTubeプレミアムなどのサブスクサービスを安く購入できる。

 

VPNで日本から海外限定のサービスを使える

VPNを使うと、海外から日本だけではなく、逆に日本から海外限定のサービスを使うことも可能になります。

例えば、日本のNetflixでは見れないジブリ作品を、外国のNetflixに繋げることで視聴できるようになる!

 

VPNで無料Wifiも安全に利用できる

VPNを使うことでネットの安全性がぐーんと高まるので、街中の無料Wifiを安全に利用できるようになります。

無料Wifiはセキュリティが弱く、個人情報を盗まれる可能性があるので、カフェで仕事をする人はVPNが必須ですね!

 

VPNでサブスクサービスを安く買える

裏技的な使い方になりますが、実はVPNを使っている人限定で得することができてしまいます。

それは、VPNで物価が安い国のサーバーを選択してサブスクサービスを購入すると、最高で90%割引を受けられることです。

 

サブスクは各国の物価で料金を決定しているから

なぜこんなことができるかと言うと、世界展開のサブスクサービス(例:YouTubeプレミアム)は、各国の物価に合わせて料金を決めているからです。

物価の安い国で高い料金で提供しても、誰も買えないですからね。

これを逆手にとった、いわば裏技的な手法です。

YouTubeプレミアムをアルゼンチンで契約すると年間1万円以上安くなるので、それだけでVPN代をまかなえる!

 

詳しいやり方まではここでは説明しきれないので、下記の記事からどうぞ!

≫ YouTubeプレミアムが安い国ランキング【安く契約できる裏技も】

 

【海外からFODを見る方法を解説】まとめ

今回は、VPNを利用してFODを見れるようにする方法を詳しく解説しました。

VPNは安全第一です。

無料VPNを利用しても見れますが、もし裏で個人情報を売られでもしたら、まさに「安物買いの銭失い」です。

この記事で紹介した方法は、VPN代で月額500円程度お金はかかってしまいますが、海外からでも安全にFODを視聴できる唯一の方法です。

例えば「今月だけFODを見たい!」という場合はお金をかけたくないと思いますが、NordVPNは30日間の返金保証があるので実質無料になります。

実質無料になる期間中に、裏技的な手法で節約までしたら実質プラスになるような超お得な使い方も可能です。

VPNはこんな感じで安全かつ便利なので、ぜひお試し利用でもいいので一度試してみてくださいね!

NordVPN

NordVPNは総合力No.1

  • 高速(著名テック系サイト評価)
  • リーズナブルな価格(月3.99ドル~
  • 軍事レベルの暗号化技術
  • 同時接続が6台まで可能
  • PwCの監査で安全性証明

30日の返金保証期間で、もし気に入らなければ簡単返品!

 

VPNオタクが作った【おすすめVPN診断ツール】

VPNはたくさん種類があって、どれを選べばいいのか分からない!

こんな方へ向けて、1分で終わるおすすめVPN診断ツールを作りました。

こちらもぜひ試してみてくださいね!

≫ 【VPN初心者のための】おすすめVPN診断ツール

  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-海外移住VPN情報