海外から日本のテレビを見る方法

海外からはご視聴いただけません

ベトナムでアマプラやHuluを見ようとしたら『海外からはご視聴いただけません』のエラーが出た経験はありませんか?

実はたった500円のVPNを使うことで簡単に解決できます!

VPN初心者の方向けの正しいVPN選び方ガイドはこちらから!

≫ 海外から日本のテレビを見るのにおすすめのVPNの選び方ガイド|VPNオタク

会社や仕事の悩み

新卒で「入る会社を間違えた」と感じたらさっさと転職すべき理由3選

2022-07-17

新卒で「入る会社を間違えた」と感じたらさっさと転職すべき理由3選
  • 新卒で入社した会社で、社風に合わないし人間関係にもなじめない。どうしたらいい?
  • 『入社したら3年は辞めるな』と言われているけど、3年未満で辞めてはいけないの?

就活の時に「自分が心から入社したいと思う会社」がある人はごく一部。

ほとんどの人は、就職しないといけないからなんとなく就活をして、内定が取れた会社になんとなく入社するのではないでしょうか?

だからこそ入社してからのアンマッチも起きやすく、新卒で合わないと感じる人が多いのです。

結論「この会社合わないな」という気持ちが一瞬でもよぎった人は、さっさと転職してしまいましょう!

この記事では、新卒で「入る会社を間違えた」と感じたらさっさと転職すべき理由を3つ紹介していきます。

 

第二新卒におすすめの転職エージェント

これらの転職エージェントは、第二新卒に特化していて、登録から内定まで全て無料です。

転職エージェントに今の気持ちを相談してみましょう。

 

新卒で入る会社を間違えたなら、自分に合う職種を探すためにさっさと転職すべき

若い内に自分に合う職種を探すためにさっさと転職すべき

若い内に自分に合う職種を探すため、さっさと転職すべきです。

若い人ほど社会経験がないため、「自分に合う仕事」が分からないケースが多いからです。

  • 他の職種を知らないまま、性格上、自分に合わない営業をやっていた。
  • 他にも伸びている産業はいくらでもあるのに、斜陽産業で働いていた。

これらは、実際に働いてみてから分かることなので、特に新卒だと入社してから後悔することがほとんどです。

私もそうでした。

 

なんで「仕事が合わない」と思うのかを分析しておくことは必要

新卒の会社で働いている時に「なんでこの仕事が合わないのか」をしっかり分析することができれば、転職で次の仕事を探す時に非常に有効になります。

例えば、「内向的な性格だから営業合わないなぁ」と気付くことができれば、お客さんと会う必要のないプログラマーに転職することが可能になります。

別業界へ転職できると、今の業界より給料が高くて、今よりよっぽど楽しい仕事ができる可能性が広がりますよ!

 

新卒で入る会社を間違えたなら、20代は『転職のボーナス期間』だからさっさと転職すべき

20代は『転職のボーナス期間』だからさっさと転職すべき

20代は『転職のボーナス期間』だから、さっさと転職すべきです。

私も採用を経験したので分かるのですが、年齢を重ねれば重ねるほど、書類選考での足切りの危険性が高まるからです。

20代だったら「若いし、経験が少なくてもOK!」となります。

しかし、30代や40代だったらどうしても「それなりの経験がないとダメ!」となってしまいがちです。

これは、一般論として「若いほど成長が見込めるだろう」という採用側の思いがあるからです。

 

特に別業界への転職の場合は早ければ早い方がいい

特に別業界への転職の場合は、若ければ若いほど有利です。

なぜなら別業界への転職は「業界経験ゼロ」の状態で行くということになるので、『若さ』と『やる気』くらいしかアピールポイントが無いからです。

みなさんのような第二新卒を取りたい企業の思惑としては、『若手を育てたい』という気持ちです。

やる気にみなぎっていて、若い人の成長力を転職先の企業は欲しています。

なので、少ない武器のうちの一つの『若さ』を最大限にアピールするためにも、なるべく早い段階で転職する方が良いです。

 

「同じ会社で3年働かないとダメ」は幻想です

私は、新卒の会社を退職することを上司に伝えた時、「やめ癖がつくから、若い内に3年未満でやめるのは良くない」と引き止められたことがあります。

しかし、上司はその会社に合うから出世して長くその会社に在籍しているわけで、その会社に合わない人の気持ちは分かるわけがありません。

長いキャリアの中の貴重な若い時間を、合わない会社で無駄にすることは絶対にやめた方がいい

別業界への転職がしやすい若い内に、今の会社に早めに見切りをつけて転職しましょう!

 

新卒で入る会社を間違えたなら、若手は会社を変えることはできないからさっさと転職すべき

若手が会社を変えることはできないからさっさと転職すべき

若手が会社を変えることはできないから、さっさと転職すべきです。

どんなに辛くても、たった一人の新卒社員の言うことを聞いてはくれないからです。

例えば、新人いびりなどのパワハラやセクハラを訴えたり、「自分に合わないから部署を変えてほしい」と言ったとしても、真剣には取り合ってはもらえないでしょう。

 

基本的には不満を持ったら我慢すべきでない

一度会社の給与や人間関係に不満をもってしまったら、我慢せずに転職すべきです。

会社には、こちらがどうあがこうと変えることができない要素がたくさんあるからです。

  • 給与テーブルは各社固有のもので決まっている。
  • 同僚や上司はそうそう変わらない。
  • 顧客の担当者もそうそう変わらない。

一度不満を持ってしまうとストレスになってしまうため、その状態で仕事を長く続けていると鬱などの精神的な病気を引き起こす恐れもあります。

自分が会社の何に不満なのかを分析し、それが『こちらがどうあがこうと変えられない要素』だった場合はさっさと転職しましょう!

 

【新卒で「入る会社を間違えた」と感じたらさっさと転職すべき理由3選】まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、新卒で「入る会社を間違えた」と感じたらさっさと転職すべき理由を3つ紹介しました。

新卒の場合は、会社が合わないと感じてしまった時点で転職活動を始めても良いくらいです。

転職活動は今の段階では重すぎる場合でも、転職のプロである転職エージェントに相談することで頭の中がすっきりします。

転職エージェントを活用して、自分の今後のキャリアをしっかり築いていきましょう!

 

第二新卒におすすめの転職エージェント

これらの転職エージェントは、第二新卒に特化していて、登録から内定まで全て無料です。

転職エージェントに今の気持ちを相談してみましょう。

  • この記事を書いた人

やす

ベトナム在住。妻はベトナム人。 一人の時間が好きで、典型的な内向的人間です。 海外在住は7年目に入りました。カナダに5年間とベトナム在住は2年目。 内向型×海外移住をテーマに情報発信しています。

-会社や仕事の悩み